MAGAZIN

マガジン

#INTERVIEW

【対談】Mi+ ミタス 事業パートナー ADCATE 夏原 啓佑さん× 築嶋 宏宜

皆さん、こんにちは!MiL広報の川出(カワイデ)です。

昨年から社員や株主の皆さまのインタビューを連載してきましたが、今回は事業パートナーである株式会社ADCATEの代表取締役社長 夏原 啓佑さんと、Mi+ミタスの事業部責任者である築嶋 宏宜の対談インタビューを実施いたしました!

対談:
夏原 啓佑さん【夏】
築嶋 宏宜【築】

ライティング:
川出 朱夏

現在、MiLでは具体的にどのような業務をされているのでしょうか?

【夏】主に、WEB上でのブランド認知の向上、顧客の獲得、獲得後のお客様のケアの一部分をサポートさせて頂いております。具体的には、インフルエンサーさんにご協力頂いたプロモ―ション支援、獲得したブランド認知を広告運用に連携、広告運用、クリエイティブ研究、LINEを使った顧客CRMの領域などの部分で、MiLさんのパートナーとしてサポートさせて頂いています。

事業を一緒にするようになったきっかけは?

【夏】もともとは、僕の前職の時代に知り合った同期からの紹介でしたね。僕が創業したとき、その友人は東京に転勤してて、「立ち上げたばかりの商品だから、広告運用だけじゃなくて、WEBトータル的な支援をして欲しい案件があるんだけど、話を聞いてみてくれないか?」といわれたのが、MiLを知ったきっかけでした。

【築】(今もなんですが・・・)最初すごく小さい案件だったと思うんですけど、なぜ引き受けてくださったんでしょうか?

【夏】僕たちの案件の多くがダイレクト(コスメやサプリメント)系の通販業界をターゲットとして顧客開拓をしていたんですけど、そういう業界ってとにかくいろんな意味で数字にシビアでした。過激な表現をして広告を展開しないといけない事も多かったんです、、、

そんな中で、本当にユーザーのためになると思えるもの、商品に想いが乗っかっているものをゼロイチでつくり上げたい、という想いが自分の中にもともとあったんですよね。そのタイミングでお声をかけていただいた、というのが大きかったです。あとは、僕たちの意見を尊敬してくれたのも、この会社なら信頼できるなと思ったんです。

【築】実際にやってみてどうでしたか?

【夏】とにかく最初は数字を合わせるのが大変でしたね(笑)ミタスの商品は高単価なので「これじゃ合わないっす・・・」って。最初は予算もほとんどない中だったので、とにかく効率良く何がMiLさんにとって良い施策なんだろう、って考えました。

【築】当時は特に社員も今みたいにたくさんいなかったので、誰も仕組みに関して分からず、ADCATEさんだけが頼りだったんですよね。夏原さんがいなかったら事業自体早々に切り上げていただろうな、って。今だから思うところもたくさんあります。もちろん数字も大事ですけど、その前段にある僕たちが目指すところからもしっかり共有し合いながら、進めていくことが大事だと思うんです。僕たちみたいな小さい会社でも真摯に向き合ってくださるのが、とてもありがたいです。

【夏】単純に興味があったっていうのもありますね。自分にも、ちょうど子どもが生まれるタイミングだったので。

【築】社長(夏原さん)自らが、会社の細かいところまで理解してくださって、チームとして動いてくださっているのはとても安心感がありますし、代理店というよりは本当にパートナーだと思っています。それはうちだけに限らず、今後の代理店と事業会社のあり方なんじゃないかな、と。

【夏】僕たちも、まだまだ小さい会社なので一つの案件に会社全体でチームとして取り組ませて頂く中で、お客様の数字が跳ねたときにみんなのモチベーションも一気に高まるんです。数字を一緒につくった、という自負が、会社の活性化にも繋がっています。そういう意味では、選んでいただいている一方で、僕らも選ばしていただいている、というのが正しいんじゃないでしょうか。

ベビーフード領域に取り組むことについてはどうでしたか?

【築】これまでダイレクト(コスメやサプリメント)系の案件が多かったと伺いましたが、全く領域の異なる子どもの領域に取り組むことについてはどう思いましたか?

【夏】ダイレクト通販の領域と比べて、切り口が違いますよね。人って食べ物でできているので、生きていく上で”食”がとても重要になってくるのに、学校でも特に学ばないし、健康な食についての教養を全然受けてないんですよね。だから、子どもができたときに、ママたちはいろいろ悩むんだと思います。僕たちがよく扱っているコスメ系は現状の問題想起を出発点とするクリエイティブが多いんですが、ミタスの場合は教育するコンテンツの反応がすごくいい。問題提起というよりは、「気付き」ですかね。「一人でも多くのママさんに健全な食育を、広告を通じて根付かせる」というのが今の僕たちの最終ゴール地点だな、と思っています。

【築】情報感度も人それぞれだと思うんですけど、コスメや他の案件と違う部分とかありますか?

【夏】そうですね・・・やはり、赤ちゃんの食はナイーブなことではあるので、間違った情報はもちろん、誤解を招くような表現にはかなり気を使わなければいけないところがあります。コスメだと、肌に合わなければ使用中止してくださいね、で済むものでも、ベビーフードとなると一歩間違えれば大変なことになりかねないですから。大変だな、と思う一方でやりがいもすごく感じてはいます。

もともと食には興味があったんでしょうか?

【夏】僕自身は実は全然なくて、ジャンクフードばかり食べていました。でも結婚して、妻がすごい食に対して興味があったんです。ジムに通っていたときも、僕の食事制限のやり方が実は間違っているんだとロジックで教えてもらって、別のやり方をしてから生活のパフォーマンスが変わったという体験がありました。仕事面でもすごく改善されたんですよね。それを実感したときに、ちょうど子供が生まれたということもあり「食ってすごく大事なんだな」と実感し、興味を持ちはじめました。自分が食べていたジャンクフードに、どれだけ添加物が含まれているかを知ったときは驚きましたね。

【築】ジャンクフード食べたあとのパワーが出ない感ってすごいですよね(笑)

【夏】そうなんです。めちゃくちゃ眠いし、眠いとパフォーマンスも低下しますよね。今はスーパーで食材を買うときも、オーガニックとか気にして選ぶようになりました。ただ、高いので、もう少し手の届きやすい価格になってくれるといいな〜と思います。

会社として描いているビジョンやミッションは?

【夏】会社として掲げている最終的なビジョンは「会社を通して幸せになろう」ということです。世の中の広告代理店は、とにかく馬車馬のように働く。数字をひたすら追いかけて。自分自身とにかく疲弊することも昔は多かったんです。もしも、お客様側が業績不振になっても、自分たちの会社の売上はキープしなきゃいけないので広告を提案する、なんてことも経験しました。そういった経験から、自分で会社を立ち上げた当初から「お客様からお金を取るという気持ちで提案するな。お客様の事業を成功させる気で提案しろ。そしたらお金はついてくるから」とメンバーたちには常に言っていて。それがMiLさんみたいな形の付き合い方になっているんだと思います。もちろん、最初はお金にならないこともたくさんありますが、そういう積み重ねによって売上に繋がって、最終的には広告費に戻ってくるんです。関わった人が皆幸せじゃなきゃ、仕事なんてしんどいじゃないですか。そういった、みんなが幸せになる形でビジネスをできるようになるのが理想ですね。

【築】なるほど・・・!他の代理店と区別しよう、と思った理由はなんだったんでしょうか?

【夏】そうですね・・・会社を立ち上げたときから、実はあまり年間の数字目標とか引いてなくて。というのも、追い求めすぎると逆算しないといけなくなって、途中の進捗確認で目標通りにいっていないと、残りの部分をなんとか達成しようと無茶なことをしようとしてしまう。過激な営業をして数字を無理矢理つくったりね。そういうことにはならないようにしよう、と思ってスタートを切ったら、案外その方がうまく最大化できた気がしましたし、社員も共感してくれるメンバーが集まったんです。

【築】素敵ですね!

今後MiLと一緒に取り組みたい、目指したいことはありますか?

【夏】なんだろう・・・もうやれてる気がします。僕たちも今までの代理店のあり方を変えたい、という思いがあったので、そういう観点でいうと既に一緒にできているし、これからも一緒にやっていきたいな〜という感じです。逆にありますか?(笑)

【築】僕たちとしても、広告だけの数字だけを追い求めるのではなく、もっと広い観点からみていきたいなと思っています。データやCRM、広報含め、一気通貫してLTVをどう最大化させられるか、ということから一緒に取り組んでいきたいなと思っています。

【夏】そうですね。最近面白いなと思ったことがあって、商品を介したコミュニティづくりができたらな、と。LTVの先までしっかり追い求めていきたいですね。僕たちが目指しているのは、もはや代理店ではなく、マーケティングのパートナーとしていかにやり切るか、が目指す姿なのかもしれません。

【築】MiLでいうと、ミタスのベビーフードがローンチしたのが昨年の春からで、旬の野菜を使った冷凍商品だったものが昨年末にリニューアルしてレトルト化しました。今後は、会社のミッションである「美味しいとヘルシーの両立」をどう展開していくか、という観点から開発・改善していきたいなと思っています。ミタスの商品を使用していただくことで、美味しいものを食べつつ、自然に健康的な生活を過ごしている。そんなブランドにしていきたいです。また、近年”サステイナブル”といわれているように、自分だけでなく、相手のためや地球のために何かしていきましょう、ということが体現できるメーカーになっていきたいです。

【夏】その目標を達成できるよう、これからも全力でサポートしていきたいな、と思っています。

【築】プロモーションまわりはすでにご一緒させていただいているので、ゆくゆくは商品開発とか、もう少し踏み込んだところまでご一緒したいな、と思っています。

【夏】いいですね。未知の領域ではあるんですけど、パートナーとして一緒に実現できると嬉しいです。

Fin.

夏原 啓佑 (なつはら けいすけ)

大学を卒業後、株式会社フルスピードへ就職。WEBマーケティングのイロハを学ぶ。3年勤務の後、単品通販領域に興味を持ちDRMに強みを持った広告代理店として2016年に株式会社アドケイトを創業。

いわゆる広告運用の代理店としてではなく、WEBマーケティング全体的な領域を視野に入れた「顧客のパートナー化」を意識した事業展開を実施し、創業2期目には、創業メンバー3人で年商6億円企業まで成長し、現在に至るまで右肩成長を続けている。

https://www.facebook.com/keisuke.natsuhara